FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告塔して見るということ

2018年04月22日 16:15

前の記事でようやっと分かったことで見えることが多くある。

白石麻衣やんは「アイドルなのにいったいいつまでいるんだ?」という話題が多くあるが、アイドルとしてどうか?はそもそもどうでもいいということなんだ。
広告塔としてどうか?が基準となる。
今年1年は業界全体の広告塔として乃木坂は指名されているわけだから、とりあえず夏クールまではとにかく外仕事が詰め込まれていき、その評価によって今後の展開が変わっていくのだろう。その辺が白石麻衣やんの卒業発表の時期に係ってくることになる。
乃木坂は“次世代”と呼ばれてきた3人は外仕事が使い辛いタイプ。
だのでさらに“その次”を急ぎ発掘していかなければならない。
西野は人気が高いゆえに何度もドラマを試されているが... どうだろう、グループ自体を盛り上げる役に徹していくのではないか。
番組改編期の特番で、高山はいきなりMCアシスタントを試されている。深夜とはいえ大きな番組だった。
本人が思いのほかちゃんとこなしたのは、果たして本当に良い評価なのかどうかは難しいけども、事故なく行けそうである以上はそっち方面担当ということになるのだろう。吉本坂番組のMCを勤める松村もそっち方面。


欅坂は平手一強が強すぎて、他のメンバーが出てこない。あまりきちんとした説明もないまま、半ばメンバーまでだます勢いで平手を休養させ続けるという荒療治にまで打って出て、ねるをさんざん持ち上げようとしているが、現状は難しい。
ひらがな漢字のこのあいまいなグループ分けも、ちゃんとした説明がないまま進んで行って、結局別グループとして立てるよりなくなってきたわけだ。

ということで、現在坂道は3つ合同でオーディションを開催している。
全体の広告塔として大きく動いていくための手立てなのだろう。
さらに、吉本坂という・・ 訳のわからんものまでセットにしていくのは、アイドルとしてどうか・・ではなく、広告塔としてどうか・・ が本筋であるために、一向に構わないわけだ。


アイドルが売れるかどうかは広告塔になれるかどうか・・ ということになる。
つまり、それでは結局全てが電通傘下ということになるけど、そういうことにならないアイドルは売れないアイドルということになる。
ももくろは広告塔としてむしろ強い。ベビメタは広告塔にはならない。パヒュームはNHKで露出を続けるから広告とは関係ないが、彼女らはそもそもCM出身のようなものだ。
今キテるのは、キリンレモンのBiSHだろう。但し、松隈さんプロデュースはお下品路線なので好感度にはなりにくく、使われ方は限定的になる。




広告業界にいる人には当たり前すぎる話しなんだろうけど...
単純にプラチナモーニングを「いいっ!」と思ってのめり込んだ異業種の私にはまったく未知の世界だった。

ハロー!は大ブレイクからの大失態できっと、その道を捨てたんだ。会社はあくまでも“広告塔として”秩序よりも、作品と興行を本筋とする道を信念を持って選んでいる。
だから、「売れなきゃしょーがないだろう?!!」と私のようにわめいていたファンが多くいても、その道を貫くのだろう。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。