FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬関の奇跡(龍馬伝)

2010年09月27日 22:58

H!P色にずっぽり染めているプラチナ9なんだが..
龍馬伝は外せない。

以前は映画も結構入れていたけど、近頃は用事と行事と映像を追っていたら映画の入る隙間がないんで.. FC2後はほとんどないですね。

さて今回の龍馬は大きいくくりで最終章に突入した。
私は政治経済学部を出ているわりに、ホント歴史を知らない。
そもそも正史に坂本龍馬はほとんど出てこないようだが.. 今回のいくさへの参戦にはかなり驚いた。

ここまで人を切ったことすらない武士の端くれ龍馬だったが..
思いのほか戦の中にある姿が似合っていた。(まあ、福山の姿なんだけども..。)

今後グラバーが岩崎弥太郎に拾われるようになるなんて知らなかったが、とにかく今回は高杉さんが猛烈にカッコ良かった。
高杉晋作 ・・・アツすぎるq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pってほどにね。
高杉

歴史を知らない私なんで.. もう今後は高杉晋作と言ったら伊勢谷さんの姿を思い浮かべるだろう。
「残りわずかの人生を面白く生きたい。」 ・・そういう割に、考え方はとても成熟している。ひょっとしたら木戸孝允よりも..。

そして戦場でのあの.. あの三味線の演出が猛烈だった。
長州

敵陣内、味方の砲弾や敵兵の中を、三味線を弾きながら着実に歩む高杉さん。その三味線の音の中で騎兵隊の一斉射撃の音が鳴り響く。
まあいくらなんでもありえないが.. これが猛烈にクールな演出となっている。
かっこよすぎるよ、高杉さん!!

・・そんな感じだった。


かたや長崎で苦戦する弥太郎。
龍馬の存在の偉大さに打ちひしがれ、芸妓から商人から周囲がみんなヤられていることに敏感な目線は.. 龍馬の魅力に打ちひしがれている弥太郎だからこそ敏感に感じる部分であろう。

とてもじゃないが、徹底的に好かれなさそうなこのキャラ... 坂本龍馬の価値を誰よりも感じてることが窺えることから逆に、弥太郎の深さを感じれるという、かなり奥深い設定も素晴らしい。



おっと最後に.. 私が見逃したときに訪ねるサイトを。
ここってバラエティコーナーで美女学もフォローしてるんだが.. 毎週ぢゃないのがちょっと残念。




関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://pt9.blog134.fc2.com/tb.php/73-fdce9650
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。