FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日テレHALLOWEEN LIVE 2016

2016年10月29日 01:53

とっても、感慨深いというか・・ 興味深いライブでした。


まず何より・・
9割方、乃木坂ヲタ。
私にとって“ほぼアウェー”というのは、ゆび祭りがありましたが、あれはまあ『半分近くがももクロヲタで、残りがいろいろ・・』という感じでしたが、今回は、ほっとんど見渡す限りが乃木坂ヲタです。さらに、私の周りは“橋本奈々未”と書いた青いタオルを首に巻いている人が多数。

ゆび祭りのようなね、『いろんな陣営がいるけど少数だろう・・』という状況では応援団のように声を張り上げたけど・・
このようにほっとんど乃木坂・・では、さすがにキビしかった(;_;)


んですがね、それはお℃-ute陣営だけでなく、SCANDALもKEYTALKも何も、みんな同じ。
私は2階後方天空からの参戦で、まあ全体が良く見えましたけども・・
2階のこのエリアでスタンディングになったのは、ラス前の乃木坂さんだけだったんです。その勢いのままの℃-uteだからか、℃-uteでも半数ぐらいは立ち続けてましたけども。
あ、2割くらいかな、乃木坂終わりでお帰りになってたけど、あそこですでに21時15分くらいだったって部分もあったと思う。


そしてですね、乃木坂ヲタ陣営は、謙虚でまじめです。
ほかの方々でもちゃんとしっかり盛り上がっていたし、何なら最後の℃-uteだって、私には“正座して見る”ぐらいの気配を感じましたんですよ。
乃木以外のときはちょいちょい退席していた私の前の乃木ヲタ男子二人組も、お℃-uteがセンターステージに来たときは、ほんと微動だにせず、完全に固まったままひたすら見入っていました。



近頃乃木坂の動画類を見ていて分かったんですが・・
乃木坂陣営はですね、ヲタ含め「ヒット曲がない」という自覚があるんです。
んだからこれだけ圧倒的な差があるのに、自分たちはまだ世の中に認知されていないかのようなところがある。

加えて、先日触れたように・・
桜井キャプテンがハロプロの凄さを真剣に語ったときのあの感じも含め、勉強させてもらってるみたいな気配があるんです。


ちなみに出だしカンガルで、数列前の男子軍団が「ももちすげぇ」って言ってましたけども、本当に同感でした。
本人は“可愛いデビル”のコスだとかなんだとか言ってましたけど・・・
遠めに見るとただのゴスロリで、ところがももちは見事に可愛かった。自分が一番似合っているかのように振る舞う、そのオーラ。
さらに一人だけ声量がでかい。

KEYTALKにダンスで参加させてもらったときはトークまで与えられ、その感じ含め、一歩外から見るようになった今感じるのは、ももちはすげぇ、ってことでした。
同じく愛理んもまた凄いですよ。
乃木ヲタ陣営は、恐らくほとんどその存在は知っています。そういう気配。
SCANDALさんの時の登場でも、とにかく皆、凝視し注視してるんですよ。

歌も見事でした。
キーが一番ちょうど良いところだったのか・・
随分とゆとりと深みのある歌唱だった。



ささ、もうちょっと掘り下げていきたいのですが・・


20161028_172427 (576x1024)

客層は大学生ぐらいの男女が多数という感じ。
ハロウィンコスは、少数でした。
というか、原宿駅からひたすら傘の行列です。

しかも肝心の乃木坂陣営は、橋本ななみん卒業を控えたセンターソングの初披露ですしね、全体的にお祭り感は薄く。
さらに、ふたを開けてみれば皆リリース間近のシングルを抱えての、販促出演だった。


だもんで余計、全体的にお祭り感覚ではなく、結構本気な感じ。
その分逆に、SCANDALとKEYTALKは曲が小難しいと感じた。
音響がごちゃごちゃっとなって、あまり小難しい曲だと何がなんだかわかんないんですよ。
リトグリさんは歌声が二人ぐらい特に見事でしたけども、よぉく聞いてきた和製R&Bな感じが、私にはちょっとお腹いっぱいだった。

そういう点では、カンガルはとっても良かったですよ。
会場、出番、知名度含め、ちょうどよかった。

℃-uteは、私には完全に残念なハズの選曲だったんだけども・・
圧倒的な乃木坂環境の中で、エロ可愛いコスで出てきて、さらに皆美しく、何かとにかく「すげぇ」という強烈な印象だけを残した感じが見事だと思った。

何かですね、“お口があんぐり”だったんですよね。
最後のアイアンハートでようやっと開放されたというか、それがまたとても心地の良い一体感みたいなものを生んでいた。


一歩引いている今となってみると、℃-uteはもうそういう位置にいて、それでもうしょうがないわけです。
「ファンにも推しにもなれないけど、自分らが推しているアイドルが尊敬する方々の姿を見れた」という手ごたえが十分にあるものだった。
だってね、SCANDALさんまで小さい頃から好きだったと言ってしまうわけで...。
もうそういう立ち位置ですよ。


ちょっと画像を拝借し・・・


0WS000102.jpg
0WS000101.jpg

乃木坂は、西野さんが一番人気があるらしいのだが、正直あまり良く分からなかった。
けど、今日は本当に可愛かった。

0WS000104.jpg

KEYTALKさんの後ろで踊るももちは急遽出た演出だったけど完コピ。

0WS000105.jpg

お℃-ute、ほんと可愛かったけど、演出やテレビ映り重視でこのように後ろのスクリーンがあまり寄りを映さないのが残念だった。
映ったときの可愛さつったらもう...。
今日は特にやじと中島が似合っていたと感じた。

0WS000107.jpg
0WS000106.jpg

愛理んが歌った曲は、瞬間センチメンタルというのか.. 良かったからね、覚えておこう。


あそだ、乃木坂は・・ 『きっかけ』はちゃんと歌っていましたよ、被さってはいたかもだけど。
そして、実は乃木坂も感慨深いのです。
私は、思い起こせば冒頭で触れたゆび祭り、そしてスマと共演したGirlPOPだったか、等で乃木坂を見ている。
ゆび祭りは2012年6月、GirlPOPは2012年の10月。あの頃は本当にそこに置かれたただのマスコットだった。
それがですね、今日このように目の当たりにした、圧倒的な人気。

ちなみに帰りに原宿のじゃんがら寄ったら店員さんが「ガンガン外にもかけてるんですけどねぇ( ノД`)」って乃木坂曲をかけてるのにライブ帰りの客が来ないことを話していました。店員さんらはあれを当たり前に乃木坂のライブと認識しているわけですね。




20161029_000858 (1024x576)

唯一購入したグッズ、ペンライト。



とっても貴重な経験でした。
そしてですね、何か雰囲気のいいライブでしたね。ZIP舛さんの空気感なのか...。


でわ。





関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://pt9.blog134.fc2.com/tb.php/2442-d4d1f45b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。