FC2ブログ

映像と販促(今日も本気系でスイマセン(*/ω\*))

2013年09月04日 12:36

コメを頂くと・・
自分が見ている視点が、同じ部分を見ているはずの自分以外が見ている視点とズレがあり...
そのことで、むしろ自分が今立っている場所が分かる。


ここ数日の映像うんぬん(。>0<。)b
という話し、整理がつきました。



これらの主張というのは、要は販促のために力をいれる場所!という話し。

「曲をこうしたらいんじゃないか・・」
「歌詞をこうしたら・・」
「ダンスを・・」「衣装!!」「オリコン!」「テレビ・・」


・・いやいやそうではなくて、映像に力をいれてけばいんじゃないか?!


という話しなわけです。
これは販促会議なんですね、つまり。


だのでですね、そもそも販促自体にあまり意味を見いだせない人には関係がない話しとなります。

・今のまま素晴らしいものを提供してくれれば、それでいい!
・そのせいで何かが歪んでいくのなら歓迎しない。

といったような...。

※遠い存在になる(´Д` )系の人は、実際は売れることを願ってないわけではない。



んでもですね、私ゃアイドルはやっぱどんなにかっちぇくたって、売れること目指さなウソだと思います。
そもそもアイドルは、自分の生き様でも、魂の叫びでもない。
周囲の大人たちが生み出す幻想の世界。


かつては、一人の才能やオーラのようなもの。
そこを見出して大人たちが仕上げていった。
現在はそこは必ずしも重要じゃないし..
人数が増えるにしたがって、そういった才能やオーラは却って周囲の大人にとっては自分らサイドが仕上げたいものをジャマする要素になりかねない部分にもなってしまう。


そして当然ながら、資金の回収サイクルは短い。
そもそも芸や才能を磨くことが念頭にないので、そうやって頑張ってく理由がないんだ。

現在は、要はどんなカタチだろうと・・
そうやって頑張ってる姿、その姿を見せてればそれでいい時代。
歌ってないのに「頑張ってる!」、努力し続けてきた、握手で!、しまいにはじゃんけん大会でいいという。

まだキャリア2.3年のメンバーに「ひたすらパフォを磨き続けてきた!!」とかね..
んじゃあさゆの同世代の方々は、どうなっちゃうの┐( ̄ヘ ̄)┌
ハロー!では2~3年じゃあ、“ひたすら!”言うても、こっ恥ずかしいばかり。
チープだ。

ままま逆に、そうやって長く、本業を研鑚し続けていける活動を展開してきたハロー!は、当然ながら、今どきの構造と違って、ちゃんと芸を磨き続けられる。


AKBは、ブームとはちょっと違った一面もある。
それを支える熱心な層は、むしろ逆境が強くなってきた方が推し事を加速さす可能性もあるからね。
世の中に知られているような面々が卒業していけば、本気で喜ぶ層も多いのだろう。

今まで気持ちよく隠れていた個性が..
忽然とオーラを現してきた((((;゚Д゚)))というニューヒロインを生み出すことは、不可能ではない。



んでもね、ハロー!は..
ちゃんと本業を研鑚してきているタイプ。
だので、今まで積み上げてきたことをなかったことにするなんて出来ない。

そう、歌唱やダンスや表現を、なかったことにするなんて出来ない。
販促でそういう部分に触るようになったら...
気付いたときは自分で自分を食いつぶしているようなことになる。



めざにゅー映像なんか見ていても、3作連続1位!・・ 「おー、モー娘。来てんのか?!」感はある。
んでも後ろで流れてるMVは、「何やら難しそうなことしてんなo( ̄Д ̄o)※俺の好みじゃないけど。」的なものだ。
だがしかし、それで出てきたメンバーらの姿は、もうほんとテレビでお目に書かれるようなタイプではない、気持ちい青年たちだ。
現ハロー!の圧倒的な特徴は、このピュアさにある。


結局、娘っこらが頑張って、そして喜んで、悔しんで、泣いて、んでも頑張る・・
その姿がみれれば何でもいいとも言える。


今、モーニングが勤しんでることって、別に今まで積み上げてきたことの本線ではないですよね。
鞘師がエースなら、それ全部自分で持ってきたモノじゃん。
加えて、ハロー!ではむしろ一番新参な部類に入る子たち。
これは、結局大人たちが頑張って作り上げてる世界なんですねo( ̄Д ̄o)

結局、歌だ!ダンスだと言ったって...
周囲の大人たちが作り上げてる世界を新しい!と感じる方々が集まってきている。


その核心はやっぱ、私は映像なんだと思うんです。
ピュアっ子たちに、セクシーな歌歌わせて、下着みたいな衣装を着せる。
そりゃあ今どきのこの映像社会では、評価を落とすためにいそしんでるようなものだ。

んだから、センスとか際どい勝負ではなくて..
もう正直、どうしたらいいのか分かんないんじゃないだろうか。



今まで取り組んできたことを無かったことになんかできないベリキューは・・
つまりは、歌もダンスも、つんP楽曲も、今まで通りでいんスよ、きっと。
ただ単に、映像に力を入れろ!という主張なんです。


近頃の楽曲の放たなさ・・
全体的に無理してる感、バラバラ加減。

そこはきっといじっちゃいけない部分なんだ。

つんP自体、あややとかのああゆうアイドル楽曲っぽさの出るものが、圧倒的に強い。
P自身も、評価されうるのはその部分でこそっ!てのもある。


んでもって、等身大な姿とか、メンバーを意識した歌詞とか・・
ハロー!は、どこをどうやったって、結局アイドルの皮を被ったオッサンが正体なんだから..
メンバー自身を歌う必要もない。
メンバー自身の姿は、映像で映しときゃいんです。


遡ってみても、楽曲自体は、大人たちに着せられてるだけな楽曲で十分魅力だった。
私の場合、何なら男の人の歌詞のほうが好きなぐらい。

ついでにもう1点...
私はですね、アーティスト自身が自分で酔う系がほんと苦手でして(´Д` )
目を閉じて歌う系、それと生んでくれてありがとう系..
こおゆうのがてんでダメでして(/ω\)

ままこの辺は完全に好みなんですが..
つまりはあれです。
ハロー!でも、そういうような系あるなら、やっぱ苦手なんですわ。

『雨の・・』なんて一見曲調はそうですけど..
歌詞はまったく自分らの歌じゃない。
『SHINES』がツボな件は、それは歌割りがあの3人であるってことだけで、歌詞は抽象的なオッサンの表現。

すんごい遠回しで、何もハッキリ言ってないけど..
つまりはまあ、そおゆうことです(´・ω・`;)



話しは戻りますが、イジル場所はそういうとこじゃねんじゃね?!!
って話しなんですよ。

作り込んだ映像でも、バックステージでも、テンパってる姿でも、はしゃいでる姿でも何でも..
とにかくそういう映像作品が販促になる!

という主張です。

と同時に...
それ以外を捻じ曲げる必要はない。って話し。

何なら『おっさんの歌をひたすら歌わされてきた娘っ子らの、葛藤の記録』でもいいわけですよ。
※あえておっさんの歌にしろ!という意味ではなく。

途中に出てきた下着みたいな衣装の曲だって・・
そおゆうMVを作ること、そおゆう楽曲の世界を表現すること、が本線なんじゃなくて、ああゆう衣装着させられたメンバーの様子を映してる映像が欲しい!という話し。

いや、その世界を映像で表現しきることが一番望ましいことだけども..
どっちにしろそこまでの思いや資本でMVを作ってはいないだろう。


岡井ちゃん、寝る。だって、チーム岡井だって..
なんならあのたまに背筋が凍るΣ(|||▽|||)ハッシュドポテトだって、何だかんだ盛り上がって来たんだ、私たちは。

そして今のモーニングの映像作品感。




そんなとこです( ̄^ ̄)/




さささ、最後少々・・

WN10208.jpg


何この、恐怖記事Σ(|||▽|||)

今までを知らないからこそ言える、このにわか記事(*´艸`)



あとそだ、萩ちゃん・・

WN10207.jpg


プププ(*´艸`)




でわ~
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://pt9.blog134.fc2.com/tb.php/2021-10b155e4
    この記事へのトラックバック


    最新記事