FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲の中の物語

2013年06月16日 15:56

いやぁ、今日は一日中どフリーなのに..
近所で流れてくる12時の鐘で目が覚めてしまった(´Д` )


まずは前記事でもコメ頂きましたが..
スマの2曲、再度キャプ。


WN04274.jpg
WN04275.jpg

引き続き再生回数はアレですが..
スマ公式のトップ画面で『新しい私になれ』が埋め込まれている関係では?!
とのことで..

WN04276.jpg

これですね。


確かに、評価を見るとどちらも変わらないですな(*´艸`)

新しい私衣装は、れいな姉さんが「裸にスーツ」と言ったとか言わないとかw






そんでもって引き続き、ベリやお℃-uteの楽曲方面が気になっている私(/ω\)


コメで頂きまして、近頃の楽曲もアレンジ自体はなかなか“世界標準行ってる”とのこと。


そんでですね、ふと世界のチャートを検索。
いや、主旨的にはUKチャートとか..
そういうの検索すべきなんでしょうけどぉ(´・ω・`;)
日本人なもんで、オリコンチャートΣ(|||▽|||)


そしたら、BeadyEyeというのが出てきた。

ちょっと調べてみたら、これ元Oasisさんやん!



当初の主旨と大きくヅレてってしまうのが・・・



これって、サマソニん時にマリンスタジアム中が大合唱した曲ですよね。

私ゃ、自分がまったく知らないOasisという方々がトリで出てきて..
そんでスタジアム中が大合唱していることに驚いた。
「何でみんな歌えるん?((((;゚Д゚)))」と。

自分がまったく知らない世界に、そんだけすんごいものがあったとは!!と...。



んでもですね、私的には..
これはビートルズのイマジンと同じような感じねo( ̄Д ̄o)
って程度にしか飲み込めんのですわ。



人様に意見を頂くと、ようやっと分かる自分の場所。


コメしましたが、私的ザックリ感でいくと..
今のベリキューは、山本リンダさんとかCoverYou系と大して変わらんのです(´-ω-`)


基本的な雰囲気、そして自分の場合はどおやら..
曲を通しての物語のようなものが重要だと分かった。
物語つってもね、歌詞というよりも、抑揚だとか..
気持ちが

o( ̄Д ̄o) ってなって
((((;゚Д゚))) ってなって
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ってなる..


みたいな、そういうもんです(*/ω\*)
※パターンは問わず。



何かのパクリやん(´-ω-`)と言われた『初恋サイダー』も..
シンプルだけど、効くわけです(。>0<。)b
落ちサビスタートは、「何か始まる((((;゚Д゚)))」ってときめく*んですよ。
*43歳オッサン、注!



“幕が開く”感。


Danバコだって、デンデンデーレレデッデッ!で幕が開く感。(振り付け込みで!)
そうやって、♪ファンキーだ~んっしー と始まる。
これでもう物語が決まる感。

JUMPだって、てってれててってー さぁ来るぞーq(≧∇≦*)感。
しかもそこで煽りが入る。


つんP楽曲は、セリフっぽい歌割りとか、変なのとか間に挟まることもあるが、それも物語感の一種に感じられるんですね。
ライバルとか..。

今回のスマタルチャンも、そういう部分がいっぱい詰まっている。



ってかね、多くの楽曲って..
そもそもそんなもんだろう。

そして、そのような楽しみ方が、ミュージカルを好む私の傾向なんかとも被るのかもしれない。



ところが、EDM系というのは基本的にその辺を記号化する。
んだから味わい方(味わう層)がまったく違うんだと思うんですよね。

んでも、まま...
子供の頃、マイケルとか全然その良さの意味が分かんなかったことを思いだすと..
何かまた違った楽しみ方ってあるのかなo( ̄Д ̄o)なんて思った記憶と被る感も。


んでもモーニングのEDMは今のところ、そういう表情や物語が見えないはずのところに、あえてそういう部分を残している。



そしてやや戻ってベリキュー..

雰囲気的に山本リンダじゃ..
いくらなんでも無理かろう(´Д` )

私には♪もお どおにもとまらないぃ!っていうのと同じに見える。


カバー系は、プリプリだったり松田聖子だったりBOOWYだったり、あるけども..
今は、CoverYou系なんですよね、つまりは。


音作りは最先端でも何でもいいんだが、そこをCoverYou系をやめてくんないか(´Д` )
って思うんですわ、どうやら、きっと..。


表現者は、あくまでもベリだし℃-uteだし..。
制作陣はどんだけ偉大でも裏方だ。
んだから楽曲制作云々よりも、まずは誰が表現しているのか?のが大事かろう。


それとまた別件を思い出した。
近頃の衣装な件。

考えてみると、シングルではなくてツアー衣装は、随分と評判がいいんですよねぇOo。。( ̄¬ ̄*)


私的転機は、やっぱ2010年春のピカッピカ!だ。




では何で、シングル衣装がダメなんだろうか..。
モーニングでいうと、ちょうどそのころは頑張っている。
何と言っても、『なんちゃって』があるしね(*´艸`)

  って、そおいえば..
  お℃-uteの評判の白黒衣装も、似てるね。


例えばベリ『BE元気』..
私はこれ好きなんですけども、んでもあえて..
全員スタンドマイクで立ち位置固定で踊り、V時隊列でELTみたいな森系の長めのワンピとか着て歌ったら...
大きく評価を変えていたかもしれない。

VでもAでもいんだけどね、いずれにせよセンターはりーたんで。
Aならカッコよさや圧倒的さが伝わってくる。
Vなら、奥深さが感じられる。




この徹底的に物語のテイストに合わせること優先なシングル衣装。
この辺は、一貫して変わっていない。

そこはないでしょう┐( ̄ヘ ̄)┌
ってゆう部分こそ変えろ!とは、つんP自身が述べていることなんだけどね。





相変わらずとっ散らかっちゃったが(´・ω・`;) まま、整えるにもまずは全部広げてみないと。





さささ、その他。

まずは、お℃-uteのこのやらかし加減(*´艸`)


946fd713_640.jpg
183611f4_640.jpg
e38a6efc_640.jpg

特にこれとかぁw



まともΣ(|||▽|||)なほうもいい感じね(*´艸`)


1d0215a0_640.jpg

2b174650_640.jpg

9cd81f17_640.jpg



そんで、数日前だかTLで「Cutie!!」いう話題が目についたんで、中身も確かめずに買ったった、CuTiE。

cutie1.jpg

これ1ページぽっきりや(/TДT)/


まま、キャワいからいんだけども~。



ってね、何気にほかのページにも少々...

cutie2.jpg

あ、どちらもクリってもらえば倍ぐらいにはなりますわ。





それと・・
鞘師ラディちゃんが、どうやらまた失敗しているとの声も((((;゚Д゚)))


fa835dbbs.jpg

いろいろ植えてるの挑戦してるだけなのに、このやらかし加減..
鞘師ってスゲえ(*´艸`)



あとは、TLから頂戴した研修生佐々木さんの件。

WN04272.jpg

気仙沼云々とあるんで、地方紙か?と思ったが、読売のサイトにも登場している。


201306160L.jpg



実はここで、えっとGNハロプロの時に「⑩番誰や?!」って触れた牧野真莉愛ちゃんという子と仲が良いとか...。

二人とも実力のほどが一切分からんが、注目しときますかねo( ̄Д ̄o)




最後に、ちょっと古いですが、『ソムリエ』というマンガについて少々...。


まま、ドラマにもなったし知名度もあるかもですが、私がちょうどワインにハマっていた頃に出てたマンガなもんでね、これは何べんも読んだんです。


主人公がソムリエで、働くレストランでの活躍っぷりがメインのお話しではあるのですが..
ワインが深くなってくると、どうしても料理やそれを通じた関わり全般に話しが及んでくる。


そのレストランが順調に軌道にのったところで、フランスでも有名なシェフが日本でも店を出すことになる。
彼は自身への料理へのこだわりが徹底していて、店舗を増やすと自分で作ることが出来ないために今まで拡大出店はしてこなかった。

ところがここにきて、ソムリエ主人公のいるレストランの圏内に店を出すかもしんない..
となったわけだ。

お忍びで日本のフレンチ事情を試して回るシェフ。
その結果、「日本のフレンチはダメだ」と言う。
そのお忍びの最後に、この主人公の働くレンストランもあった。

そしてシェフの評価は、フランス産のバターじゃなきゃダメとか、まあとにかく「これはフレンチじゃない!」と言った。


ガチンコレベルでの戦いなんですね、この辺。
シェフは、本場の材料も使わないで、本場のコクや風味が出せるか!とおっしゃる。
本物のフレンチかどうか・・
の戦い。


主人公は、悩む。
そしてシェフに相談する。
うちのバターも美味い!
そしてシェフのこだわりで食材も産地直送にしているし、有機野菜にもこだわっている。

何がイケナイんでしょ?
と...。

するとシェフ(ここの)は、主人公に対し「お前、勘違いしてるんじゃないのか?」と。
シェフは、それらは別に俺がこだわってんじゃない。
お客さんがそれを望むから、こうなったんだ、と。



そして後日、フランスの偉大なシェフが再来店する。
そのソムリエを引き抜くために。
その時主人公は「日本のお客様が最高!と言ってくれるフレンチが、ここでは最高のフレンチだと思っていますので..。」と断わる。

それを聞いたフランスのシェフは、ついに日本での出店を決断する。



というお話しです。



UF陣営には、おいしんぼ的なスノビッシュなこだわりが感じられる。
おいしんぼには、料理を、伝統芸能か文化国宝と勘違いしているような部分が出てくる。

いや、そおいうマニアックなの、今どき好まれてるからね..
そういう意味でニーズに応えていると捉えられるけども、あくまでも物語の中の話しは..
そんなレベルの違い、誰も分からんよ(  ̄っ ̄)ってゆうぐらいマニアックだ。


そもそも普通の人は、食事は大事でも、それはあくまでも自分と食事との関係の中の話しで..
各自にとって食事がどれだけのウェートを占めているのかが無視されている。



一見ワインについてスノビッシュなソムリエでは..
高級フレンチの食前酒にビールを要求する客に、気持ちよく応えている。

それはお客さん当人が、フレンチやワインとのかかわりがそうであるからだ。

んでもその代わり、ワインの良さもさりげなく勧めてもいる。


おいしんぼでは、このビールは決して許してもらえないだろう。



音楽との関わりが人生の大半を占める制作陣とは違い、それを受け取る側は..
あらゆる選択肢や楽しみのうちの一部なんでね。





でわ~





関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. シュウ | URL | -

    ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ヨッ!

    佐々木さんの声援はかなり大きかったです。
    私にゃなんでそうなのかちょっと分かりませんが・・・

    彼女つんつべにも呼ばれたこともあるし、
    「危険分子」的な匂いがプンプンするので
    つんく♂氏が好きそうなキャラです。

    12期入りするんじゃないかと思ってます。

  2. すていちゅん | URL | -

    なるほどぉo( ̄Д ̄o)

    何かオーラ的なものがあるなら、12期もありなのかしれませんな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pt9.blog134.fc2.com/tb.php/1892-2b74f9d2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。