FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TokyoWalkerのようなもの

2018年04月24日 00:45

結局3部作のようなカタチ。
前回と前々回に続く話しの自分の中のまとめのような...。


私が大学生ぐらいの頃、TokyoWalkerは大ブレイクした。
週末には皆してそれぞれがそこに載ったスポットに行き、そこに載った店のものを食べ・・
だがしかし結局、どこも混んでて混んでて。
しかもね、雑誌をじっくり吟味した上で行くところを決めたのに、「そうでもなかった」感が強いことがほとんどで。
せいぜい週明けの話題づくりぐらいにしかならずだった。

社会人になった頃には、TokyoWalkerで過去に出てて、今でも人気があるところが、実質を伴っている上に混雑してない・・ いいスポットだと要領を得るようになった。
そうやってじきに...
お花見スポット、花火大会、新しい複合施設、流行りのカフェ云々と東京周辺を特集くくりで網羅的に取り上げていくけども、それは編集者がお勧めしているんじゃなくて、ただ単に宣伝だったんだと知る。
30も過ぎるようになると、そういった雑誌の特集よりも自分のお勧めスポットや店のほうがよっぽど良いものが多いと理解する。
んででもですね、当時はネットなどないに等しかったしね、とてもありがたい雑誌だった。

イタリアンでもラーメンでもいいんですが..
ほんとにおいしそうに解説しているけども、自分のほうがもっと安くておいしい店を知ってるし、“東京ウォーカーに出ました!”みたいなのを貼ってるラーメン屋は、むしろ美味くない店のほうが多いんじゃないか?!なんて思ったりした。

つまりですね、ちゃんとした記事(=情報)が出てると思って読むし、ちょうど興味を惹かれる特集だったりするけれども、実際の中身は広告料をもらって宣伝してるだけなんです。


今のテレビもまったく同じで・・
一見正しいニュースを流してる体でいて、実際は流したいものをチョイスしている。大事なのは、その話題の良し悪しだ右左だではなく、話題のチョイス自体のほうにある。
ドラマもバラエティも似たようなものだ。
流行らせたいベクトルにやんわりと加速度をつけ足したり。

その番組自体にパワーがある場合はむしろ作り手側が強いので、広告側は乗っけて欲しい側になる。
ところが今はそういうパワーのある番組自体がなくなってきている。
スポットが増えることで直のスポンサーの要望は通りづらく、しかし代理店がトータルで握るので、相対的に代理店は強くなる。
しかもその代理店が独禁すれすれまでシェアを持ってるとなると...
電通自体が悪の権化なわけではなく、今までどおりやってきただけで気づいたらそんなパワーになってしまったということなのだろう。(それはもちろん、企業の業績やテレビっていうスキーム自体の問題も含め。)
そこでようやっと今、国はテレビ業界自体を何とかしようと試みているが... どうだろう、テレビ以外のマスなメディアを育成しないと苦しいのではないか。


ままま・・
ハロー!についても、フォーメーションダンスな件だけでなく、クールハロー!で皆が一斉に同じようなテイストのファッションに切り替わった。けどそのテイストは何もハロー!だけではなくて、他のアイドルグループも結構似たようなものだった。
そしてauのスポンサーが付くに至る。(今は分かりませんけども、当時の流れは連動している。)

世界的な指導者や学者も真剣に女性の活躍を喧伝し、大元の太い流れが女性の社会進出を後押ししている。平和な時代は女性が活躍するべき時代で、男に出来ることはあまりない。なので平和な時代の世界経済の停滞には、女性に活躍してもらうのが一番だ。日本経済も女性に押し上げていってもらわなければならない。(現実は、男性が女性的になり、女性が男性的になってきているので事は単純ではない。)

いずれにしろ、太い幹から太い枝、太い枝から細い枝と伸びていく上で・・・
細い枝がいくら抵抗したところで、太い幹の角度は変えられない。
そして広告は、というか日本の場合は電通が、この太い幹から細い枝まで全部に影響を及ぼしている。(このあたりに太い枝を伸ばしたい。そしてその先あたりに枝を分岐させたい・・という宣伝のチカラが及ぶ。)
※それは決して電通が悪い!という話しではないのです。皆してそういう木にしてしまったようなもの。

木の大部分が侵されてしまったから・・ 「しょうがないので幹から切って接木しよう」ではなく、新たに1本(大きく育つやつ)を植えるよりないのではないか。


ととと・・
そしてですね、今テレビは隙間があれば、乃木坂欅坂が顔を出している。
メインとしてではないんですよ、ちょっとしたところの、そこらじゅうに出てくるんです、思いがけないメンバーが。
つい去年までだったら、「あれ?この人何者?」って思う人がいると結構AKB系だったりした。
そういう役回りが、現在坂道の順番に回ってきたっていうことなんだろう。



でわ。


スポンサーサイト

広告塔して見るということ

2018年04月22日 16:15

前の記事でようやっと分かったことで見えることが多くある。

白石麻衣やんは「アイドルなのにいったいいつまでいるんだ?」という話題が多くあるが、アイドルとしてどうか?はそもそもどうでもいいということなんだ。
広告塔としてどうか?が基準となる。
今年1年は業界全体の広告塔として乃木坂は指名されているわけだから、とりあえず夏クールまではとにかく外仕事が詰め込まれていき、その評価によって今後の展開が変わっていくのだろう。その辺が白石麻衣やんの卒業発表の時期に係ってくることになる。
乃木坂は“次世代”と呼ばれてきた3人は外仕事が使い辛いタイプ。
だのでさらに“その次”を急ぎ発掘していかなければならない。
西野は人気が高いゆえに何度もドラマを試されているが... どうだろう、グループ自体を盛り上げる役に徹していくのではないか。
番組改編期の特番で、高山はいきなりMCアシスタントを試されている。深夜とはいえ大きな番組だった。
本人が思いのほかちゃんとこなしたのは、果たして本当に良い評価なのかどうかは難しいけども、事故なく行けそうである以上はそっち方面担当ということになるのだろう。吉本坂番組のMCを勤める松村もそっち方面。


欅坂は平手一強が強すぎて、他のメンバーが出てこない。あまりきちんとした説明もないまま、半ばメンバーまでだます勢いで平手を休養させ続けるという荒療治にまで打って出て、ねるをさんざん持ち上げようとしているが、現状は難しい。
ひらがな漢字のこのあいまいなグループ分けも、ちゃんとした説明がないまま進んで行って、結局別グループとして立てるよりなくなってきたわけだ。

ということで、現在坂道は3つ合同でオーディションを開催している。
全体の広告塔として大きく動いていくための手立てなのだろう。
さらに、吉本坂という・・ 訳のわからんものまでセットにしていくのは、アイドルとしてどうか・・ではなく、広告塔としてどうか・・ が本筋であるために、一向に構わないわけだ。


アイドルが売れるかどうかは広告塔になれるかどうか・・ ということになる。
つまり、それでは結局全てが電通傘下ということになるけど、そういうことにならないアイドルは売れないアイドルということになる。
ももくろは広告塔としてむしろ強い。ベビメタは広告塔にはならない。パヒュームはNHKで露出を続けるから広告とは関係ないが、彼女らはそもそもCM出身のようなものだ。
今キテるのは、キリンレモンのBiSHだろう。但し、松隈さんプロデュースはお下品路線なので好感度にはなりにくく、使われ方は限定的になる。




広告業界にいる人には当たり前すぎる話しなんだろうけど...
単純にプラチナモーニングを「いいっ!」と思ってのめり込んだ異業種の私にはまったく未知の世界だった。

ハロー!は大ブレイクからの大失態できっと、その道を捨てたんだ。会社はあくまでも“広告塔として”秩序よりも、作品と興行を本筋とする道を信念を持って選んでいる。
だから、「売れなきゃしょーがないだろう?!!」と私のようにわめいていたファンが多くいても、その道を貫くのだろう。

シンクロニシティ

2018年04月22日 00:51

今まで私は、新聞(テレビも)というのは対立しあうもの同士の叩きあいの場であるので、その対立軸自体がまったく重要だとは思えなくとも、叩き合うことこそが主目的であるから致し方ないものだという捉え方をしてきた。そして、日経だけはそうではなく、記事自体を宣伝広告だと思って読んで来た。

ところがですね、ここ1~2年で乃木坂欅坂も見るようになってきて、恥ずかしながらようやっと分かってきたことがある。
日経だけではなく、基本的に全部広告だったんだ。


そりゃあそうですよね、民放テレビは広告料で食ってるわけですから....。

面白い番組をやる、素晴らしいものを世に知らせる、正しい情報を流す....
のではなく、広告費の取れるものを流す。流行らせたいものを流す。
そういうことです。


何を今さら・・ という方も多いでしょうが|ω・`) これがハロー!やAKB系に繋がる話しなわけです。
かつて秋元氏はつんPと対談した祭に、「つんくはアーティストだから」と言っていた。
当時は私はそれを「自分が作りたい音楽を作る」ことを差しているんだと解釈していた。秋元氏は「売れるものを作っているだけ」という謙遜を言っているようなニュアンスで...。

そうでははなく、AKB系というのは鼻っから広告塔としてどうか・・という存在なのであって、自己表現とかそういうアーティスティックなものではないということだったんだろう。だから話題になるのであればじゃんけん大会だって何だってよっかたわけだ。
逆につんPは「私はアイドルグループを作ってるつもりは無い」とおっしゃっていた。
これもまたお互いは分かった上で話していたのだろう。

アイドルというのは、鼻っから広告塔でしかなかったんだ。


もちろん、アーティストでも役者でもお笑いでも、今キテる強力な存在は直ぐに広告塔となる。
がしかし、残念ながらそのように日本で売れてる存在は、世界では広告塔にはなれない。逆に世界で売れた人は日本の広告代理店の言うことは聞いてくれない=広告塔にならない。
なるとすればスポーツ選手ぐらいか..。

日本国が緩やかにしぼんでいく未来にあって引き続き国が潤うには、日本企業が世界から外貨を運んでくるか、世界が日本にお金を運んでくるしかない。
その上で、それらを橋渡ししてくれる広告塔として、アイドルは育成されているわけだ。
アニメやゲームと連動もしくは抱き合わせであれば、より手っ取り早いのかもしれない。

そしてAKB系は電通が運営していることもあり、日本国中に流行らせたり、地域をくまなく網羅させたりするように作ることが出来る。
半端なく売れてるというジャカルタの48は、そもそも電通が運営会社だし。

広告代理店は、所詮は広告代理店でしかない。本来主従ははっきりしている。
がしかし、そういった国家戦略の一翼を担っているとなると、発注する側の企業もむげには出来ないし、なんなら一口乗っからせてもらいたい・・ ということになってくる。

がしかし、労災や五輪選定やロゴやパナマ文書と、散々電通はやらかしてしまった。
国もここはもはやどっぷりぴったり・・ というわけにも行かない。
そしてそういった騒動の前後に出来た瀬戸内の48は、博報堂が担っている。
そのSTUも、電通ではなく博報堂がやるとなって、きっと指原さんが行くの行かないの・・ という話しになったのだろう。


韓流がブレイクすれば、すかさず広告塔となり・・
ところがそのことでイメージダウンにつながるとなるとあっという間にそのコンテンツを切る。
韓流は引き続きとても売れているというのに。
そして韓流批判のほとぼりが冷めた近頃は、日本人も台湾人も混ぜた韓流を売り込んできたわけだ。

EXILE系が売れているときはそれを担ぎ、イメージが悪くなるとあっという間に切る。それは何より、広告塔として企業が採用してくれないから。だから実体よりもむしろ、イメージが大事なわけだ。ファンからすればきっと、メンバーは売れていた頃と変わらぬ素晴らしい何かを生み続けているのだろうに....。
そこに、AKB系の緩やかな衰退もあり、一気に乃木坂に切り替えてきたのが去年のレコ大というわけだ。
インフルエンサーにそれだけのパワーがあったとは、恐らく既存の皆さんでさえ思っていない。
ところが、電通が本気を出せば、それは作り出せてしまうわけだ。
実際、そのレコ大を見ていたって、各組まずは披露されて行ったその流れを見ている段階ですでに「これは乃木坂(に決まり)だな」っていう確信というか気配感があった。


白石麻衣やんは、モデルのお仕事を卒業した。
この1年は、広告塔として使えるだけフルで使われていくことになる。
その間に引き続き乃木坂が強力なコンテンツでいられそうであれば、きっともう1年は延命されるあろうが..
坂道陣営は世界に打って出るシリーズにはなりにくい。

但し、この国はここ数年国家を挙げてダンスを推奨しており、ひょっとしたらポカリのCMや今の乃木坂のような集団のダンスを世界に向けたコンテンツに押し上げて行きたいのかもしれない。
ああ、どこかの高校のバブリーダンスも話題になったか。

・・・と、ここまでを確信する時、モーニングが一気にフォーメーションダンスに切り替えたことも、時期は重なる。
だから、既存の一部に不人気であっても構わず推していったわけだ。


そしてもう一点、ジャニーズもそうだけども・・
アーティストとしてではなく、広告塔としてどうか・・ が重要である以上、口パクかどうかなんて、どうでもいいわけだ。鼻っから。



但し、トヨタは宣伝が良かったから売れたんではなく、良いものを作り続けていたことが重要だったんだろう。
そこにプリウスという存在が偉大な広告塔となったわけだ。
アーティストでも役者でもタレントでも、当人自身は魅力的なコンテンツになることが何より重要であることには変わりないのだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最後に、そのようにアーティスト(広告塔)を見ていくとき...
乃木坂の次のシングルですよ、シンクロニシティ





素晴らしいと思います。
アイドルは通常、装飾して装飾して仕上げる。
ところが、これだけのむき出し感なのに魅力的になる。(実際には裸足というのは相当な演出ではあるのだけれども。)
きっとそれは、今のこのタイミング、このメンバーの乃木坂だからこそ見事だと感じられるんだろう。
それを選択する(PなのかDなのかSなのかは知りませんが)運営陣の仕事にプロフェッショナルを感じる。



でわ。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。