FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会議室で角は全て丸くなる

2015年09月17日 00:38

総合商社は、ドカンと事業に資金を投下し、そのうち3割くらいの事業が成功すればそれでいい・・ というような、とても強気なお金の使い方をすると言われている。新興国や新興分野の利権を、そうやって大きく掻っ攫っていく。そうやって、7割の失敗を補って余りあるものを得ることが出来る。

銀行というのはどれだけ長く利息を取り続けられるか?が投資(ニュアンスで)の目安になるもので・・ つまりは長期的に見て安定だろうというところにお金を流しやすい性質がある。
新たに育てた分野や企業でもうけるには、それは株式を持ってないと意味がないので、融資では利益が少ないわけだ。
1億円規模の事業者に1億円貸しました。その企業がブレイクして10億円規模になりました。だから「はい、1億円返します。」ではね...。また、銀行は自己資金の10倍まで貸し出せる。つまり万が一1億円返してもらえなくなったら、それは10億円分失うようなものなので、大きな利益よりも手堅く長いほうを選ぶ。一方、株式ならば、規模の拡大にあわせてその大きさでそのまま利益が帰ってくる。1億円規模の事業者に1億円出資していたら、きっとそれは既に半数以上の株式になっている。なので10億円規模に拡大した事業もそのまま手に入ったことになる。

一部の企業や個人にのみ資金が潤沢にあるような状況になると、利回りのみを追い求める傾向が強くなり、とにかく利回りをつれてきてくれるファンドであったり、つまりは金融投資の分野でお金が回る割合が高くなるのだろう。
金融(=お金)は本来、何か別の目的のための手段でしかない。なので経済社会全体へ深く染み渡っていかない。
お金は結局実業に流れていかないと関わることの出来る人口が増えていかない。

地域や分野、それ自体の未来が明るくない場合、既に成功している企業はあまり攻める事が出来ない。
それはそうだ・・ 他分野や他地域に攻めていくよりない。
そして緩やかにしぼんでいく本拠地では、生産性を高めること、現状を維持していくことに勤しんでいくよりない。
そうして、緩やかにしぼんでいく地域または分野は、一層効率化を進めていくことになる。
市場を切り開いていくよりも、既に約束されたマーケットである程度の利益を見込み、成熟した消費者のニーズに応えるためにリスクを回避し、ついには個人の能力であったり、センスが問われるようなものでさえ、会議室で決めるようになっていくのだろう。



車を見ても、変な風にとがってるような・・ 一見個性、しかし見事につまらないデザインの車ばかり。それが売れないとさらに市場に擦り寄っていく。そうして今既に売れているゾーンに寄ってってしまい、新たなソーンを切り開けるだけの何かしらを持った商品は投入されなくなっていく。レクサスなんかね、何でフロントグリルが全部アレなの?アレが嫌いな人間には全滅だよ。

かつてDocomo1強の時代から、auがのし上がっていった頃・・
Docomoはそれを料金やダブル定額の影響だと考えた。しかし実際はそんなややこしい話しではない。
ただ単に、auがデザインを全面的に押し出したからだったんだ。
そのスピリットは(だけは)今でも残っているようで、デザイン重視なラインナップを今でも残している。
ソフバンの発展は一重に、iPHONEのおかげだったろう。
アップルは一環してデザインやスタイルにこだわり続け、ブランド自体がかっこいいままでい続けている。

そしてAauとDocomoは日和り、ついにiPHONEはどこでも買えるようになってしまった。
もう新たに何か生み出せない、リスクを取れない、個人のセンスに任せられない。
それなら既に約束されているものの分け前に預かろうということだ。
しまいには、自分らの電波まで売り始め、機種はもはやどこでも良くなっていく。
であれば、シャオミーやファーウェイで十分かっこいいとは思うんだけど・・
中国企業の製品にはあらかじめスパイウェアが仕込まれているという。
おっと、話しがそれて行く。


成熟して縮んでいく分野や地域でのビジネスは難しい。
リスクマネジメントだカスタマーサポートだ何だ、雇用のリスク、投資のリスク、マーケティング、法務関係・・ 
とてもシンプルに事を進められる環境にない。
だから会議室で決めなきゃならない。

んでも、そうであっても・・・
センスが問われるものってのは、会議室で決めてはダメだろう。
その企業が蓄積してきたノウハウや知識は、センスを引っ張るだけのパワーを持った“ある個人”を見つけ出す部分に発揮してもらいたい。

スポンサーサイト

FUTURE DEPARTURE DVD

2015年09月10日 00:44

DVDですけどね、昨日アマゾンさんから届いてまして、早速見てました。


Wst000252.jpg
Wst000259.jpg
Wst000260.jpg

最初は、この音のバラバラがどうしても気になってしまっていたのですが・・
Voと演奏音と会場音の、質がそれぞれ違う部分ですね、


んでも、最終的にはとっても良かったです。


特に引き込まれていったのは、ばらけゾーンに入ってから。

Wst000264.jpg
Wst000276.jpg
Wst000277.jpg

やじ、夏DOKIとっても良かった。
美しかったです。

Wst000280.jpg

そしてディスコクイーンは・・
もうこの二人でやってる以上、何がどうだろうと鉄板なのです。


とはいえ・・

Wst000288.jpg
Wst000290.jpg
Wst000291.jpg

この3人になると、以前過ごした自分の日常の中に戻ってきたかのような錯覚を覚えた。
いや、もちろん一緒に過ごしているわけがないんですけどね、不思議な安心感というか距離感。

そして・・

Wst000293.jpg
Wst000295.jpg
Wst000299.jpg

通ベクは、イントロ→クラップゥ!と来るともう、テンションが上がってしまいますんですねぇ、今でも。

Wst000305.jpg
Wst000307.jpg

この辺は、天上界にでも来てしまったかのようでした。

そして意外だったのが、フラッシュダンスの曲。

Wst000313.jpg
Wst000317.jpg
Wst000319.jpg

むしろコッテコテに重ための色分けドレスで・・・
ダンスというものがとてもカッコよかった。
こういう曲に合ってるんだなぁと感じましたわ、こういうグループでのダンスが。

新発見でした。

Wst000326.jpg

途中のラベさんのギターもとっても良かった。

Wst000329.jpg
Wst000332.jpg

そしてこの衣装でのダンスもまた、かっこよく映った。
自分の好み的にも、中間管理職よりひとり占めなんだが、ここでは中間管理職、かっこよかった。

ひとり占めは火の演出を使っていた。
火との相性が抜群なんで分かるんだけど、このコーナーはデジタルゾーンなんで、ちょっと異質だったかも。

Wst000334.jpg
Wst000343.jpg
Wst000345.jpg
Wst000344.jpg

そしてMidnightTempはシビレた。

Wst000348.jpg

ラスト、ギターのアレンジ替えもありつつ...。


Wst000353.jpg
Wst000357.jpg

都会っ子はツインなんですね。
さらにもう1段ギアが上がってもいい場面だが、Midnightでアガりすぎ、そこが最高潮になった。
私的にはもうここからアウトロが始まっている感じ。

Wst000363.jpg

だもんで僕らももはや温かい目で見ている感だった。

Wst000364.jpg

たどり着いた・・
みんな美しすぎた。

Wst000365.jpg
Wst000370.jpg
Wst000373.jpg

萩の横顔なんか・・ 天使かと思った。

Wst000381.jpg
Wst000382.jpg
Wst000384.jpg
Wst000388.jpg
Wst000389.jpg

そしてアンコのJUMP

Wst000398.jpg
Wst000401.jpg
Wst000402.jpg
Wst000404.jpg

皆さんの合唱がほんと見事過ぎてうらやましかった。
また相変わらず、無駄に上手いんだ、これが。

Wst000407.jpg
Wst000413.jpg

中島、この長袖似合う。


そしてラスト我武者LIFEは、入り岡鈴ユニゾンで顔を見合わせたとたん岡井さんは涙が..。
このあと全体が涙モードになってしまうけど、これはJUMP合唱で既に引き金が引かれていると妄想した。

Wst000417.jpg
Wst000418.jpg
Wst000419.jpg
Wst000420.jpg

この曲は、メンバーだけでなく、ファンも込みな曲になっているんですねぇ。
私は本来、くさ過ぎるのは好まないのですが...。

Wst000422.jpg
Wst000424.jpg
Wst000429.jpg
Wst000431.jpg
Wst000434.jpg
Wst000437.jpg
Wst000439.jpg

曲中、抱き合ってまた涙する二人。

Wst000442.jpg
Wst000443.jpg
Wst000445.jpg

いやもしかしたらお互い、相手が誰であっても同じようなのかもしれないけれど・・
この二人は奥深い。私にはとても理解が及ばない。

Wst000446.jpg
Wst000448.jpg
Wst000451.jpg
Wst000455.jpg


泣きの多いファイナルが続いているけど、何かこれからは泣きモードにならないスケールの大きなステージを作っていけるんじゃないか?!って感じさせるライブでした。
いい意味で肩の力が抜けて、より楽しみ楽しませることが出来るようになる感じ。




Wst000457.jpg
Wst000458.jpg
Wst000459.jpg


あ、日付変わって9/10ですね。
新曲の披露があるんでしたかな。
私はTLを眺めています。


でわ

センニュウ★感 からの、テレビ方面全般

2015年09月08日 01:52

いつもハロプロアンテナ?的なものに1日1度くらいは目を通し、目立った話題があるかどうかくらいはチェックしてるのですが・・
盛り上がり指数的なものが伸びてるものの多くはモーニングがらみ。
そんな中、今日は珍しくお℃-uteモノで伸びてるものがあった。

センニュウ★感っていうテレビ番組関連。

ままま、私的には結構面白かった。
仕事の移動中にスマホで1度見たのに、帰ってきて大画面で再度見た

いろいろヲタ議論は盛り上がってるようだけど、企画としてはとにかくあれで全体的に成り立ってると感じた。
日頃いろんなアイドルさんたちが出ている番組のようだけども、その中ではきっと℃-uteは“目玉”な部類に入るように思う。
ここでしくじったらハロー!界隈が出てくれなくなる恐れも含め、ドッキリの本筋が本当はどこにあったのかにせよ、絶対に℃-ute部分を削ったり寒いまま終わらせたりすることは出来なかったろう。

私なりのややこしくなった部分を解釈すると・・・
グループで何かドッキリを!と事務所側が各所に希望していて、この番組でそれが可能だった・・ ようなものではないの?って推測が一番しっくりくる。
しかし、℃-uteの場合はこういう場面で本当によそ様のことを言ってしまったりする前科がある。
そういう部分に保険をかけたくて、見えるカメラ&中島だったのではないか?と...。

大体、ピンで結構見かける岡井さんだって、まあ見事に場面場面の笑いのツボ処を読み取れていないからね
ほんと、よっぽど純粋なのか、アホ過ぎるのか...  いずれにせよ、企画に乗っかるタイプは難しいときっと橘川さんも分かっている。んだからガチな部分中心でいきたいのではとも...。



そんなテレビ関連で近頃思うのは・・
ピンのお仕事って、グループとしての認知には正直一切つながらなそうですねぇ。
露出をしているだけでも確かに、1人1人着実にファンを増やしていくことは出来るだろうけど・・
ハロー!に限らず、きっとグループってのはちゃんとしっかり、グループとしてのもので成功しなければ、グループとしての認知は拡がらないようです。

そして℃-uteなんかは、知られていないんじゃなくて、認知をされないわけで・・
認知されないままあまり大きい場所(メインの時間帯のテレビなど)で露出をするのは、はたから見たらごり押しにしか見えないでしょう。

最近感じるのは、ネットはローカルシーン、マイナーシーンで、キー局はメジャーシーン。その棲み分けというか役割分担が出来上がってきつつあるという部分。
ネットや深夜でキッチリ結果残して初めて、メジャーシーンに乗り込んでいくのが一番自然で健全だと感じる。
大きい事務所や資本がチカラでそういう部分を何とかしようとする活動こそが、テレビをつまらなくしているようにも感じられる。

そういう部分で思い出し、ちょっとだけ脱線するけど・・
Mステでモーニング娘。'15は“初登場”とアナウンスされていたよね。
何度も出てるのに・・ 今のモーニング娘。単体へのオファーとしては初登場ということなのだろう。
とても重要な部分で、思ってたよりあの番組はちゃんとしっかりしていると感じられる部分だった。



AKB系というのは、秋元さんがおっしゃってたように、不健全な芸能界の健全化に乗り出す活動でもある。
怪しい大人や組織からひょっこり売れっ子が現れるようなセカイではなく、まずはAKB系で機会や場所を提供し、あとは個人のチカラでつかんでいけ! というような活動、それ自体がAKB系活動なのだろう。

その点ハロー!は、その枠組みの外にあったとしても、それはそれは健全に若い娘っ子らを世に送り出す。
だので、健全化を目指す業界全体としては、歓迎する勢力であるのだろう。
EXILE系はダンス分野から若者を健全に吸い上げてくる組織と言えるかもしれない。



そのように見ていくならば、AKB系というのは、「大きな場所はこちらで用意するからあとは自分たちで何とかしろ」というグループであるので、握手方式は正嫡とも言える。
そしてグループであることは、あまり重要ではないことになる。認知され、場所の確保が済んだたこれからは特に。
対してハロー!やEXILE系は、これはあくまでも各芸を本業としている以上、それぞれの箱ごとが売れていかなければならない。

先日Rayをチラ見したんだが・・
愛理んも十分に出ていたけど、乃木坂の白石さんはもはやメインの方のようだった。
んだが大きく違うのは、白石さんはそれで合ってるわけだけど、愛理んはそうではないということ。
白石さんは、グループはあくまでも各個人を売るための箱でしかないんで。
んでも愛理んはアーティストが本業なので、どんだけ上手くやれても、却って「あなたはそれ、本業じゃないでしょう?!」感が出てしまう。

ハロメンは、各グループへのフィードバックを望んで個人のお仕事に勤しんでいる。
んでもどうやらハロー!の場合だと、それはあまり効果的とはいえない。

そしてハロー!はやはり、成人してから以降のプロデュースは上手くない。
18を過ぎたら、もうよりオイシく料理してくれそうな新たな方々にプロデュースをゆだねていくか、随時発注していくような流れを作っていかないとならないように感じる。
逆算すると、それまでにハロー!で出来ることを成しておかなければならなくなるが...。


おっと、もう2時です。
何やってんだが....。


でわ





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。