--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TokyoWalkerのようなもの

2018年04月24日 00:45

結局3部作のようなカタチ。
前回と前々回に続く話しの自分の中のまとめのような...。


私が大学生ぐらいの頃、TokyoWalkerは大ブレイクした。
週末には皆してそれぞれがそこに載ったスポットに行き、そこに載った店のものを食べ・・
だがしかし結局、どこも混んでて混んでて。
しかもね、雑誌をじっくり吟味した上で行くところを決めたのに、「そうでもなかった」感が強いことがほとんどで。
せいぜい週明けの話題づくりぐらいにしかならずだった。

社会人になった頃には、TokyoWalkerで過去に出てて、今でも人気があるところが、実質を伴っている上に混雑してない・・ いいスポットだと要領を得るようになった。
そうやってじきに...
お花見スポット、花火大会、新しい複合施設、流行りのカフェ云々と東京周辺を特集くくりで網羅的に取り上げていくけども、それは編集者がお勧めしているんじゃなくて、ただ単に宣伝だったんだと知る。
30も過ぎるようになると、そういった雑誌の特集よりも自分のお勧めスポットや店のほうがよっぽど良いものが多いと理解する。
んででもですね、当時はネットなどないに等しかったしね、とてもありがたい雑誌だった。

イタリアンでもラーメンでもいいんですが..
ほんとにおいしそうに解説しているけども、自分のほうがもっと安くておいしい店を知ってるし、“東京ウォーカーに出ました!”みたいなのを貼ってるラーメン屋は、むしろ美味くない店のほうが多いんじゃないか?!なんて思ったりした。

つまりですね、ちゃんとした記事(=情報)が出てると思って読むし、ちょうど興味を惹かれる特集だったりするけれども、実際の中身は広告料をもらって宣伝してるだけなんです。


今のテレビもまったく同じで・・
一見正しいニュースを流してる体でいて、実際は流したいものをチョイスしている。大事なのは、その話題の良し悪しだ右左だではなく、話題のチョイス自体のほうにある。
ドラマもバラエティも似たようなものだ。
流行らせたいベクトルにやんわりと加速度をつけ足したり。

その番組自体にパワーがある場合はむしろ作り手側が強いので、広告側は乗っけて欲しい側になる。
ところが今はそういうパワーのある番組自体がなくなってきている。
スポットが増えることで直のスポンサーの要望は通りづらく、しかし代理店がトータルで握るので、相対的に代理店は強くなる。
しかもその代理店が独禁すれすれまでシェアを持ってるとなると...
電通自体が悪の権化なわけではなく、今までどおりやってきただけで気づいたらそんなパワーになってしまったということなのだろう。(それはもちろん、企業の業績やテレビっていうスキーム自体の問題も含め。)
そこでようやっと今、国はテレビ業界自体を何とかしようと試みているが... どうだろう、テレビ以外のマスなメディアを育成しないと苦しいのではないか。


ままま・・
ハロー!についても、フォーメーションダンスな件だけでなく、クールハロー!で皆が一斉に同じようなテイストのファッションに切り替わった。けどそのテイストは何もハロー!だけではなくて、他のアイドルグループも結構似たようなものだった。
そしてauのスポンサーが付くに至る。(今は分かりませんけども、当時の流れは連動している。)

世界的な指導者や学者も真剣に女性の活躍を喧伝し、大元の太い流れが女性の社会進出を後押ししている。平和な時代は女性が活躍するべき時代で、男に出来ることはあまりない。なので平和な時代の世界経済の停滞には、女性に活躍してもらうのが一番だ。日本経済も女性に押し上げていってもらわなければならない。(現実は、男性が女性的になり、女性が男性的になってきているので事は単純ではない。)

いずれにしろ、太い幹から太い枝、太い枝から細い枝と伸びていく上で・・・
細い枝がいくら抵抗したところで、太い幹の角度は変えられない。
そして広告は、というか日本の場合は電通が、この太い幹から細い枝まで全部に影響を及ぼしている。(このあたりに太い枝を伸ばしたい。そしてその先あたりに枝を分岐させたい・・という宣伝のチカラが及ぶ。)
※それは決して電通が悪い!という話しではないのです。皆してそういう木にしてしまったようなもの。

木の大部分が侵されてしまったから・・ 「しょうがないので幹から切って接木しよう」ではなく、新たに1本(大きく育つやつ)を植えるよりないのではないか。


ととと・・
そしてですね、今テレビは隙間があれば、乃木坂欅坂が顔を出している。
メインとしてではないんですよ、ちょっとしたところの、そこらじゅうに出てくるんです、思いがけないメンバーが。
つい去年までだったら、「あれ?この人何者?」って思う人がいると結構AKB系だったりした。
そういう役回りが、現在坂道の順番に回ってきたっていうことなんだろう。



でわ。


スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。